基本・便利技集

【オブジェクトの順序機能】図形の重ねる順番でイラストを作成

アイコン名を入力

図形をどう重ねていくかもイラストを作成する上では、重要になってきます。
このページでは、下のお皿の上にのっている目玉焼きのイラストを例にして、「図形の重なり機能」について解説していきます。

動画でも解説しておりますので、ぜひご視聴ください。

目次

図形の重なりを変えていってみよう

ブー太主任

目玉焼きはこのように、
①お皿
②白身
③黄身
に分かれて作成しました。

ブー太主任

そして、これらの重なり方は、
・お皿が一番後ろ
・白身が真ん中
・黄身が一番手前
の順で重ねられています。



最前面・最背面へ移動してみよう

アイコン名を入力

黄身の重なり順番を変えてみましょう!
まず、黄身のイラスト図形を選択した状態で、
「書式」タブの「配置」の「最背面へ移動」を選択します。
すると、下の画像のとおり、黄身が無くなりました。
なくなったわけではなく、隠れてしまっているだけです。
・黄身が一番後ろ
・お皿が真ん中
・白身が一番手前
の重なり順に変わっただけです。

アイコン名を入力

元に戻してあげましょう!
黄身を選択してあげて、「書式タブ」の「配置」の「最前面へ移動」をクリックします。
すると、下の画像のとおり、
・お皿が一番後ろ
・白身が真ん中
・黄身が一番手前に
なりました。

(1つ分だけの移動)前面・背面へ移動してみよう

ブー太主任

今度は、お皿の順番を変えてみましょう!
お皿のイラスト図形を選択した状態で、「書式の」「配置」の「前面へ移動」をクリックしてください。
すると、今度は下の画像のとおり白身が消えました。
この理由として、重なり順番が
・白身が一番後ろ
・お皿が真ん中
・黄身が一番手前
の順番に変わったからです。
「前面へ移動」の機能を使うことで、お皿が1つだけ前に来たため、白身が一番後ろに行ってしまいました。

ブー太主任

それでは、元に戻してみましょう。
お皿を選択した状態で、「書式タブ」の「配置」の「背面へ移動」をクリックしてください。
すると、今度は下の画像のとおり白身が現れました。
重なり順番が
・お皿が一番後ろ
・白身が真ん中
・黄身が一番手前
の順番に変わったからです。
「背面へ移動」の機能を使うことで、お皿が1つだけ後ろに行ったため、白身が真ん中に来ました。
※この作業は、白身を選択して「前面へ移動」機能を使っても同じです。

参考:30代から始めるコレステロール対策について

参考:腰痛や肩こりなどでお悩みの方は、こちらの記事もご参考にしてください。

ブー太主任

ココナラで「PowerPointのイラスト」を出品しております。下記よりアクセスよろしくお願いします!魂込めて作成させていただきますので、ぜひご検討ください。

PowerPointでイラストデザインします SNSアイコン・スライド・Tシャツ等に使える文字を作成します

ブー太主任

もし、PowerPointの参考書をご検討されている方は、下記の本をおすすめします。
僕が使っているPowerPointの基本的なテクニックがわかりやすく解説されている本です。